平井から明るいネットワークを,healight-net

遊牧舎 [ゆうぼくしゃ]

  • HOME »
  • 遊牧舎 [ゆうぼくしゃ]

介護サービス包括型グループホーム

グループホームとは、例えば「一人暮らしに自信がないから、サポートして欲しい」という方を、世話人(精神保健福祉士等)や生活支援員と話し合いながら、必要に応じてお手伝いいたします。一人暮らしのお手伝いをしていきながら、本来こう在りたいと思う生活を取り戻していける様な応援チームを、相談支援専門員や各関係機関と連携しながら、一緒につくっていきます。


利用できる方

一人暮らしには自信がない、家庭や家族との生活に困難や不安を抱え、サポートが必要な精神障害の方。
一部ユニットについては、早期に単身等での生活が可能となる様に、半年間での卒業を目標として利用できる方。
詳細についてはミドルステイの項目をご参照ください。→ミドルステイ

利用のしかた

groupyubokusha_flow1
groupyubokusha_flow2

groupyubokusha_flow3

気をつけてご来所ください


JR総武線 平井駅より 徒歩4分

※H30.5月より移転しました(電話/FAX番号は変わりません)

〒132-0035 東京都江戸川区平井3-23-6 TSビル1階
Tel:03-5836-5170
Fax:03-5836-5171
E-mail:yubokusya2288@healight-net.or.jp

入居における
必要書類
ご紹介者からの推薦書
入居希望書
主治医の情報提供書
主治医の意見書
権利金 入居時にいただいております。退去後、お部屋の壁など「ハウスクリーニング代等にあてるお金」とご理解してください。保証金の意味合いとしてもご理解ください。
利用料 利用料1ヶ月 9,000円〜15,000円。交流室など、家賃補助の上限をこえてしまうお部屋の負担金にあてさせていただいております
交流室
利用時間
月、水:12時~21時 火、木、金:10時~19時

居室について

居室数は24室になり、全て個室です。全室、エアコン、浴室、トイレ、収納、ガス器具を備えており、季節問わず快適に過ごすことが出来ます。中には和室もあり、落ち着いた色合いで収納スペースが多く、お部屋は自分の好きな家具を置き、入居されているみなさんはここで自分の生活に合った過ごし方をしています。

交流室について

毎週2回、交流室で夕食会を行っています。
家庭料理を味わえる食事は大好評です。

image7

 

夜間、休日対応について

夜間、月曜~木曜日は宿直、電話等の対応をしております。
土日祝の休日においては、スタッフが携帯電話を持っており、原則的には電話にて対応しております。
大きなトラブルで緊急対応が必要な場合や、著しく症状が悪い場合などは、状況に応じ出来る限りの対応を致します。
また、アルソック警備システムを一部居室に導入しており、必要時ご活用いただけます。


年間行事について

6月中旬バレーボール、8月上旬海水浴、9月花火、11月スポーツ交流会、12月クリスマス会、年越しそば会、2月日帰り旅行、3月フットサル大会と「楽しい時間」を過ごす機会としてのレクリェーションを積極的に実施しています。

image16

 

自分らしい生活が送れる様に

個別性に配慮しながら、ご本人の好きな事や、得意な事に着目し、スタッフとご本人との関係性をつくるところから、丁寧に関わっていき強みを活かした支援をしていきます。


一人で頑張らなくても大丈夫

自分にとって苦手な事や、難しい事があっても、自分だけで頑張らなくても良い様に、周りの環境を整えたり、手伝ってくれる人達を増やす事で、安心、快適な生活が送れるお手伝いをしています。

よくあるご質問

Q.家賃はどのくらいかかるんですか?
生活保護の方は住宅扶助費が支給されます。生活保護以外の方は、東京都から69,800円までの施設借上費が補助されますので、ご本人負担はありません。

Q.家賃と利用料の違いは?
家賃はかかりませんが、毎月お部屋の間取りによって9,000〜15,000円の利用料を頂いております。利用料は交流室など家賃補助の上限をこえてしまうお部屋の負担金に充てさせていただいております。

Q.日中は作業所に行かなければならないのか?
日中活動先が定まっていなくても申込みは可能です。必要とあらば、作業所に限らず、日中過ごしやすい活動先を一緒に探すお手伝いもします。

Q.待機者は何人いますか?
随時数人の方が待機されている状況ですが、途中でキャンセルされる方もいらっしゃいます。

Q.どのくらいで入れますか?
待機者の人数にもよりますが、およそ半年〜1年をみていただいています。

Q.部屋は個室ですか?
全てアパートタイプの個室です。ガスレンジとエアコン、お風呂、トイレを完備しています。

Q.夕食会は必ず参加しなければいけないか?
強制参加ではありません。希望される方に1食300円で食事提供しています。

Q.江戸川区民のみ?東京都民のみ?
江戸川区民の方に限っていませんが、東京都民の方を対象にしています。


介護サービス包括型グループホーム(ミドルステイ)

入居期間6ヶ月

利用できる方

  • 一人暮らしに自信がないので、サポートをしてほしい精神障害の方
  • 6ヶ月以内で生活基盤をつくり、単身生活を目指したい方
  • 他のグループホームにつながる前に、どんな支援が必要か見極めたい方
入居における
必要書類
ご紹介者からの推薦書
入居希望書
診療情報提供書
主治医の意見書
権利金 入居時にいただいております。退去後、お部屋の壁など「ハウスクリーニング代等にあてるお金」とご理解してください。保証金の意味合いとしてもご理解ください。
利用料 毎月9,000円の利用料をいただいております。交流室など、家賃補助の上限をこえてしまうお部屋の負担金にあてさせていただいております
交流室
利用時間
月、水:12時~21時 火、木、金:10時~19時
毎週2回、交流室で夕食会を行っています。家庭料理を味わえる食事は大好評です。

※その他、上記グループホームの内容に準じます。

よくあるご質問

Q.6ヶ月を超える契約はできますか?
入居時に6ヶ月以内での契約を行っております。

Q.入る前にお試しは出来ますか?
事前に短期間での外泊練習を行っております。

 

ご不明な点は、お電話にてお問い合わせください。


 

地域生活体験室

江戸川区精神障害者自立生活体験事業

ご家族との同居から自立を考えている方の地域生活体験や、具合が悪くなった時の一時的な休養、ご家族など介護者が不在の際の外泊などにご利用いただけます。

利用できる方

江戸川区在住の精神科に通院している方で、主治医の承諾が得られる18歳以上の方。

利用している方

  • 家族のもとから一人暮らしをしたいと考えている方
  • 家の中で自分の出来ることを増やしていきたいと思っている方
  • 環境を変えて休息したい方
  • 見守りのあるところでしばらく体調を整えたい方
  • その他、区で必要と認められた方(緊急時など)

利用のしかた
chiiki1
chiiki2
chiiki3

 

利用している方

家族のもとから一人暮らしをしたいと考えている方 家の中で自分の出来ることを増やしていきたいと思っている方 環境を変えて休息したい方 見守りのあるところでしばらく体調を整えたい方 その他、区で必要と認められた方(緊急時など)。

どのくらいの期間利用できるのか

一回につき、日帰り利用から、最大で6泊7日の利用ができます。 お部屋の空きを確認しながら一回の利用を数回繰り返すこともできます。

利用料金

シーツやアメニティにかかる費用として一泊300円をいただきます。 飲食物等実費に相当する分は、ご自身でご負担いただきます。グループホームの夕食会への参加も可能です。

設備

お部屋には、フロ・トイレ(一体型)、バスセット(シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔、タオル等)、ガスコンロ、食器・調理器具、寝具(ふとん、カバー等)、テレビ、エアコン、テーブルなどがあります。

持ち物

お薬、歯ブラシ、着替え、コンタクトレンズ等必要な物はご持参ください。なお、その他持ち込み等については、別途ご相談ください。

よくあるご質問

Q.ペットは連れてきても良いですか?
動物は連れてこられない決まりになっています。

Q.門限はありますか?
門限はありませんが、夜間電話連絡時以降の外出は控えていただくようお願いしております。遅くなる場合はご相談ください。

Q.食事はどうするの?
希望に応じ、食事提供、買物同行、家事援助等を行います。

Q.困った時はどうすれば良いの?
近くにスタッフが常駐しております。お貸しした携帯電話で24時間連絡可能です。また、定期的な電話、訪問など、希望に応じ対応します。居室にアルソック警備が設置されております。

 

事務局又は各事業所までお問い合わせ下さい TEL 03-6808-4461 事務局 受付時間 9:30 - 18:00 [土・日・祝除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.